MENU

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

癇癪を持つ子供にオススメのサプリ

 

子どもの癇癪は、親も子もともに消耗してしまいますから、なんとかしたいですね。
お友だちと仲良く遊ぼうとしていても、ちょっとしたことで癇癪を起こす状態が繰り返されると、遊んでもらえなくなったりして悲しい思いをすることになります。

 

知識の豊富な先輩ママに、アスペルガーとか自閉症スペクトラムを疑ってみれば?と言われたりして、悩みが深くなってしまうこともあるんですよね。

 

そんなに深刻ではなくて、病院に行くほどではないけれど、もしサプリメントで対策ができるなら、取り入れてみたいと感じる方も多いと思います。そんなときに摂り入れたいのが、コドモノミカタサプリ「コドミン」です。

 

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

癇癪に効くサプリの選び方

 

子供の問題行動の症状を落ち着かせてくれる成分にDHA、イチョウ葉、ホルファチジルセリンが挙げられます。
このなかで、「コドミン」にも使われているホスファチジルセリンは、1日あたり200mg摂取すると注意欠陥や多動性障害に有効ということがわかっています。

 

根本から効く!ホスファチジルセリン

 

ホスファチジルセリンには、精神の安定につながる神経伝達物質「セロトニン」や意欲やモチベーションを高めてくれる「ドーパミン」の流れをスムーズにしてくれる働きがあります。落ち着きがない、多動、パニックなどの困った問題行動の原因となる感情が緩やかに抑えられるのです。

 

コドミンは、ホルファチジルセリンを効果的に摂取できるサプリメントです。
コドミンには、1粒あたり100mgのホルファチジルセリンが含まれています。1日に1粒から2粒で必要量が摂れることから、子供の問題行動に悩むお母さんに選ばれています。

 

子供には安全安心なサプリを

 

サプリメントを選ぶときには、同じ効き目なら安い方がと思いがちですが、安全性が確かで効果のはっきりした成分を配合したものを選ぶようにしましょう。

 

コドミンなら、国内工場で生産されて安心ですし、ホルファチジルセリンを効果的に摂ることができます。子供の癇癪はもとより、健康維持や集中力アップ、リラックス効果、反射神経アップ、ストレス軽減にもお役立ていただけます。

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

子供の癇癪は、病院に行くべき?

 

子供の癇癪は、単に気質の問題で年齢が上がってくると治まってくる場合と、アスペルガーや自閉症スペクトラムなど医師の助けが必要な場合とがあります。
どちらも大変さは同じですし、素人では判断がつきにくいので問題を複雑にしています。

 

身近な人には相談しにくい事ですし、問題ないと言われたり自分でも病院に行くほどではないと感じるけれど何か対策方法を探している、そんな時に頼りにされるのがコドミンなどのサプリメントなんです。

 

薬を飲ませる?

 

薬を飲ませるためには、医師の診断が必要です。
つまり、何かしらの病名例えばADHDとか自閉症、発達障害と医師が判断した場合に薬が処方されます。

 

エビリファイやリスパダールなどが子供の体重に応じて処方されますが、中には処方された薬の量が多すぎて副作用が出てしまったものの服用量を大幅に減らしたことで症状が改善され、癇癪が出なくなった成功例もあります。

 

でも合成薬の場合は、副作用の危険性が避けられないため、症状の改善に伴い量を減らしたり、服用を止めるなど長期間の継続服用はできればしない方向を目指します。

 

こんな時にもサプリを考えてみると良いのではないでしょうか?

 

漢方は効くの?

 

疳の虫に効く生薬として名前を知られる宇津救命丸や樋屋奇応丸は、夜中に目を覚まし眠れない子に飲ませる薬と認識されていることと思います。400年も昔から活用されているもので、効き目は穏やかです。
根本治療するものではありませんが、これを飲めば落ち着くという方もいるのではないでしょうか。

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

癇癪の原因、なぜ子供はイライラしてしまうの?

 

幼い子供さんの場合、言葉が未熟で自分の言いたいことが伝わらないとか、思っていることを理解してもらえないために行動が激しくなってしまうことがあります。
泣きわめく、奇声を発する、壁に頭を打ち付けるなどお母さんは困ってしまいますよね。

 

子供の癇癪は無視していい?

 

答えは、ノーです。
子供が癇癪を起こしている時の対処法として、「無視する・放っておく」のか「とにかく子供の言いたい事を聞こうとする・スキンシップでなだめる」のか両方を試し模索している方がほとんどでしょう。

 

放っておく?

正解はありませんが、癇癪の原因が自分の言いたい事がうまく伝わらない事ならば、放っておかれると余計に自分の気持ちが収まらなくなりますから、癇癪がひどくなる可能性が高いです。

 

しっかり向き合う?

逆に、大人が自分の気持ちを理解しようとしている、スキンシップで自分は嫌われていないとわかると、落ち着く可能性が高まります。

 

大人の都合を押し付けていませんか?

大人の都合が理解できず、「ご飯の時間なのに遊んでいて怒られる」といった場合、少し大人の方が食事の時間を遅らせるなど融通してあげれば、解決される事も多いのです。

 

暗くなったからお家に帰ろうねと言っても、まだ遊びたいというのは誰でも経験がありますよね。できれば、いつもいつも大人の都合を押し付けるのではなく、時間に余裕があるときだけでも子供の言い分に合わせてみる事で解決に向かう場合もあります。

 

癇癪がひどい

 

あまりにも癇癪がひどい子の場合、上の項のように子供の言い分を聞いて本人の要望に合わせていても、全く効果が現れない場合があります。

 

幸せホルモン セロトニン

仕組みとして考えられることは、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの不足です。

 

セロトニンの不足は、感情のコントロールを難しくします。つまりキレやすい状態を引き起こすのですが、人格形成がなされる3歳から5歳の時期には、セロトニンが十分でなければなりません。

 

セロトニンの不足は、睡眠にも支障が出ます。

 

そういう場合は、コドミンを試してみてほしいと思います。気質や環境ではなく、必要な栄養が足りない場合が考えられるときに効果的だからです。

 

次の項では、実際にコドミンでうまくいっている方の実例をみていきます。

 

子供の癇癪にどのように対応しているか口コミ

 

どうしても各ご家庭で対応することが多い、癇癪の子供さんを持つお母さん。
実際にコドミンを飲ませている方の口コミをご紹介します。

 

多動症の子供さんを持つママ友に教えてもらって、我が子もコドミンを飲んでいます。今、4歳です。癇癪を起こす回数が減ってきたように感じます。子供を怒る回数が減り、気持ちに余裕があるのが嬉しいです。

 

5歳の息子は、夜中に大声を出し暴れる夜驚症の症状があります。叫びながら、表に走って行ってしまった時は呆然としました。私が叱りすぎたのかもしれません。ネットでコドミンを見つけ、ダメ元で飲ませています。夜中に起きた時に大声を出すことがありますが、暴れる事は無くなりました。少し楽になりました。もう少し続けてみようと思います。

 

3歳の子が、美味しいと言って毎日食べてくれます。なんとなく落ち着いてきたようで、癇癪を起こすことが減りました。

 

癇癪が残ったまま小学生になったら

 

子供の癇癪は、発達障害などの診断は出ていなくとも、年齢が上がっても治らない子供さんもいます。

 

小さいときと比べて会話は成立しますし、本人の意思でコントロールして欲しいと思うと、ガミガミと叱ってしまうとかいつも怒っているというようにお母さんの方にも負担が強いられてしまいます。

 

また、学校で友達とうまく関われないとか授業に集中できない、知的障害はないはずなのに読み書きがなかなか上達しないといった問題が見られることもあります。小学校に通うようになるとお母さんが付きっきりで管理してあげることも難しくなります。

 

できることなら、気が付いたらすぐに対処してあげることをお勧めします。
手軽に取り入れられるコドミンは、サプリメントですから、気軽な気持ちでスタートできることも嬉しいポイントです。

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

コドミンの成分解説

 

コドミンは、落ち着きや集中をサポートする成分ホスファチジルセリン(PS)を100mg配合しているサプリメントです。このホスファチジルセリンの量は、大豆3.3kg分に相当します。

 

ホスファチジルセリンは、レシチンの1種で第3のブレインフードとも呼ばれている成分。人体を形成する60兆個の細胞の細胞膜を、柔らかく保つ働きをします。

 

また細胞への栄養素の取り込みと老廃物の排出になくてはならないもので、脳内では情報伝達と血流に重要な働きをします。

 

脳機能の改善を目指す

 

注意力、判断力、集中力などの脳の働きや精神の安定は、脳機能が改善することで向上しますので、コドミンを取り入れることで問題行動が緩和されることが期待できます。

 

コドミンは、ADHDやアスペルガー症候群と診断がなされている場合でも、症状の緩和が期待できる頼もしいサプリメントです。医師にかかるほどではないけれど、なんとかしたいという方にはぴったりなんです。

 

結果が出ることで続けられるのがコドミンの魅力です。上手に活用していただきたいと思います。

 

コドミンの飲み方

 

コドモのミカタ「コドミン」は、ラムネのように噛み砕いて食べることができるので、取り入れやすいんです。噛む事が刺激となりますので、おやつとしても喜ばれます。

 

幼児に与えるときは気をつけて

 

ただとても小さなお子さんの場合、噛み砕くことが難しいかもしれません。その場合、喉に詰まらせないようにあらかじめサイズを、ミンツくらいのサイズに小さく割っておくなどの準備が必要です。面倒でなければ、粉状にしても良いでしょう。

 

3歳になる近所のお嬢さんが、直径1pくらいのコイン状のラムネ菓子を噛まずに飲み込んでしまい、目を白黒させている姿を見かけたことがあります。
その時は、お母さんが背中をトントンしながら飲み込ませたので、事なきを得ました。大人では、なかなか想像できないようなことが事故の原因になってしまうこともありえます。小さなお子さんの場合は、飲み込むまで目を離さないようにしてください。

 

副作用はないの?

 

サプリメントで気になるのは、副作用ですね。
コドミンの主成分であるホルファチジルセリンが大豆由来であるため、人によってはアレルギー症状を起こす可能性があります。大豆のアレルギーがある方はもちろんのこと、アレルギーを起こしやすい体質の方は、他の原材料も確認してから飲むと安心です。

 

正確に知りたい方はネットの情報だけではなく、コドミンのカスタマーサポートで直接問いあわせると良いでしょう。

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

コドミンをお得に手に入れる方法

 

コドミンは、現状ではネットでの購入となります。
また通販サイトでは、取り扱いはあるものの継続利用での割引が適用されない、初回購入特典がないなど通常価格での購入となります。

 

負担なくお得に

 

コドミンは、続けることで効果を実感できるサプリメントです。
家計に負担がかかるようだと続かないですから、公式サイトではお得な定期配送トクトクコースが用意されています。

 

定期配送トクトクコースなら、初回のお届けが89%オフの980円になります。
また2回目から4回目の購入が3,000円オフの5,980円、5回目以降は5,000円オフの3,980円になります。
これなら、家計にも優しく続けることができますね。

 

しかも、送料や決済手数料が無料になる上、60日間の返金保証が付いています。
定期でのお届け周期も通常30日ごとですが、自由に変更ができます。

 

コドミンは、解約できるの?

 

コドミンのトクトクコースは、解約が可能です。
ただし最低3回以上の継続が条件です。

 

コドミンの効果を実感するためには、最低3か月は必要でそれ以下ではほとんど結果がわからないままで、無駄になってしまうためです。

 

5回目を過ぎますと、1日分約130円でお値段がお得になるだけでなく一時休止とお届けの再開も自由にできるようになります。ひとまず5回のお届けを続けておき、その後は子どもさんの癇癪の出方を見ながら、受け取りを調整すると続けやすいと思います。

 

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

コドミンで早めの対策を

 

最近では、発達障害の症状がどんなものか一般的に知られるようになり、かえって悩みが深くなってしまうことがあります。
アスペルガーや自閉症スペクトラムなど、診断がおりるほどではなくても同じような行動、例えば、多動であったり、落ち着きがない、パニックを起こすなどの問題行動が現れる時期があります。

 

発達障害とまではいかないけれど、子供の癇癪で悩まされる日々に疲れてしまったという方は、なかなか相談できない状況だけに、手軽に購入できるサプリメントがあるのは、心の支えなのではないでしょうか。

 

コドミンなら、おやつのように食べることができますし、大人の方でも健康維持に役立てちますから一緒に食べると子供もマネして食べてくれますね。

 

年齢が上がれば落ち着くからと放置するのではなく、早めのスタートをお勧めします。

子供.癇癪.サプリ,サプリメント,薬

更新履歴